部下育成

部下育成のポイント

 

上司になると、悩むのが部下育成ではないでしょうか。

 

人材を育成する指導方法は、
失敗してしまえば会社にとって大損です。

 

 

 

ポイントを把握して、
部下育成の指導を行っていきましょう。

 

 

 

まずは指導の基本である、
褒め方、叱り方、注意の仕方です。

 

 

褒めるというのは、
部下の存在価値を認めてあげることです。

 

 

 

仕事を始めたばかりの部下は、
ほとんどが自信を持てていません。

 

 

 

自信をつけさせ、成果以外にもそこへ
行きつくまでの過程・努力を褒めてあげるのが
ポイントです。

 

 

 

部下育成のためには、仕事の指示を出す段階で、
達成しておくべき条件をはっきりさせ、褒めやすい
状況を演出するのも上司の役目です。

 

 

ただし、大げさに褒めて良い部下と、
大げさすぎると半信半疑になってしまう部下など、
それぞれの性格もありますので、程度とタイミングは
見極めるようにしましょう。

 

 

 

部下を叱る時はもっと注意が必要です。

 

 

 

頭ごなしに非難しては、部下は
自信喪失して浮上できなくなってしまいます。

 

 

 

感情的になるのは論外です。

 

 

部下の人格などでなく、実際の行動や
事実のみを叱るのがポイントです。

 

 

ルール違反、間違いやミスについては、
その場で叱ります。

 

 

人前で叱ることも必要になることがあるのです。

 

 

おすすめサイト:ビジネスアイデア発想法